ぁやしぃ植物が好き

サボテンや多肉植物全般の栽培メモ。

接ぎ木した仔吹きシンメトリカはどうなった?

ユーフォルビアの接ぎ木はまだまだマイナー?

以前このブログでユーフォルビアの接ぎ木についての記事を掲載していたが、
Instagramとの連携が外れてしまった事により画像が消えてしまっていた。

国内ではユーフォルビアの接ぎ木はまだまだメジャーではないのか?
Web上ではあまり情報が見つからない事もあり改めてまとめてみることにした。

接ぎ木の方法についてはおいおいまとめてみたい部分が多い為今回は割愛するがご容赦頂きたい。

強烈に接ぎ木への意欲を沸きたたせてくれた一株。

まずこの一枚。奈良県のサボタニマスター宅で拝見したのだが、そのサイズに驚愕。
大人の男性の拳より大きかった。まるでデススターのような姿に感動した。
これを見て、ハードル高く感じていた接ぎ木に挑戦する事にしたのだった。

結局三本接ぎ木した

結局は左上の株だけ接ぎ木に成功し、他のキリン角と紅彩雲閣が台木のものは穂木が外れてしまった。
成功した台木は、よくホムセンなんかでもみかけるラクテア綴化の台木を再利用したもの。
これもキリン角の筈だが、なんだか違うきがするんだな....

これはまだビニールハウスを建設していない頃、ベランダ栽培時代に行ったものなので二年くらい前だろうか?

途中経過

これはビニールハウスでの撮影となっているので、一年前位?

そして今

こうして見ると、かなり大きくなったと思う。
しかし!二年は経っているので、接ぎ木したからといって成長が早かったか?と言うと疑問が残る。
二年もあれば自根でもここまでのサイズには持ってこれる気がする。

栽培場が離れている事もあり、成長期の夏に頻繁に水をやれなかった事も原因かもしれない。
とにかく台木の根が丈夫なので、来年はジャッブジャッブもっと水やろうと思う。

で、接ぎ木にハマってしまったわけで

希少なオベサ鉄甲を接ぎ木しました。
入手した当初謎のユーフォルビアとして取り扱っていたものの、これはオベサ鉄甲らしい。
最初は仔を吹いて峨眉山のようになっていた為、外して方々へ配ったのだった。
結果我が家には一つしかなくなった為、保存と繁殖の為に一か八かで接ぎ木した。

どうやら成功したようで、来年の夏を楽しみにしている。
結構高価なので、うまく増えればハウスにソーラーパネルでもつけられるかな?笑

ちなみにユーフォルビアにモザイクウイルスが存在するかは聞いた事は無いが、
やはり刃物の消毒は必須だと思います。

sabotanical.hatenablog.com

このブログを書いている時のBGM...


Mark Ronson, Passion Pit & A$AP Ferg - " GET GHOST " GHOSTBUSTERS Original Soundtrack Song HD Music

ウイルス(VZV)に感染しました。

※画像リンクが切れている等、修正が必要な過去の記事は一度削除し、精査した上で再掲する事に致しました。ご覧頂いておりました方にはお詫び申し上げます。

感染したのはサボテンではなく私が!!

まさかこんな事になるとは思いもよらなかった。
丁度一週間程前から、顔面がやけにピリピリしていて、「カミソリ負けしたのかなあ」と思っていた。

それがあれよあれよと言う間に瞼は晴れ上がり、額はブツブツが出来て化膿するわで酷い有様に。
結局土日開けての月曜日に皮膚科に行った所、「重症」との診断が下り緊急入院した次第。

ちなみに今、同部屋の方のイビキが激しくて眠れず、ブログを書いています。
出来ることならばブリーズライトを何枚も張ってやりたい。寝れないよ。
私もイビキをかきますが、張ると良く眠れるのか寝起きが良くなります。

で、VZVとは?

要は水疱瘡を引き起こすウイルス、一度感染したらもう水疱瘡にはならないんじゃないの!?と思っていたのだけれど、違うらしい。
普段は神経内に潜んでいるVZVが、免疫の低下により活発になると帯状疱疹という病気になるそうで、
私の場合は一番タチの悪い事に顔面に症状が出てしまったので即入院となったのであった。

もう、めちゃめちゃ痛いです。泣きました。
本当はもっと語りたいのですが、前置きはここまでとします。

ウイルスと言えば

されさて、ウイルスと言えば、サボテンにもありますね。その名もCVX!!
どちらかと言えば皆さんヴァイラスと呼ばれている印象。
詳しくはスーパーサボテンタイムさんがブログにされているので、
まだご覧になられていない方は是非ご一読になられてはいかがでしょうか。

supersabotentime.com

さて、このCVXに感染している事がモロに現れているサボテンといえば、
我らがサボテンの神と崇める"珍宝閣"ではないだろうか?

このモヤモヤとした肌色、痘痕のような凸凹。

炭疽病に犯されたような黒い斑点。明らかに病気です。

私はまだサボテンに触れるようになって数年ではありますが、
珍宝閣が好きなだけに色々な所で綺麗な珍宝閣が無いものかと探しています。
しかしながら未だに見つかりません。

おそらく国内で流通している珍宝閣は99%、病気持ちなのではないでしょうか?
きっと繁殖の段階で、消毒されていないナイフが使用されたのかと思われます。

Web検索では、ツルッツルの珍宝閣の写真を見る事ができるので、
いつか海外からウイルスフリーな苗を手に入れたいものです。

ちなみにこの珍宝閣をカット刺ししたものの、発根前に黒斑が大きくなり壊死しました。
発根しないというよりは、発根する前にウイルスの進行が進み死んでしまう。
ウイルス感染した苗は発根しないというのは、ある意味正解なのではないでしょうか。

感染予防策として今行っている事

  • ナイフは焼いて使う。

普通に栽培していてる分には、別の株に感染させる機会はあまりない筈。
やはり蔓延させる最大の原因は、ナイフを消毒せずに使い回す事ではないだろうか?

以前はカッターを使用していたのですが、焼くと直ぐに切れ味が落ちて持ちませんでしたが、このナイフはビクともしないし切れ味抜群ですし錆びないし替え刃安いしと、超ーお気に入りです。

オルファ(OLFA) クラフトナイフL型 34B

オルファ(OLFA) クラフトナイフL型 34B

バーナーはポケトーチ。なんで早く出会わなかったか!?という便利さとコスパの良さ。

  • 使った鉢は塩素消毒する。

キッチンハイター 台所用漂白剤 特大サイズ 2500ml

キッチンハイター 台所用漂白剤 特大サイズ 2500ml

使用済みの鉢は、バケツ一杯に対しキッチンハイターをキャップ2杯程度入れて洗い、よくすすぎ洗いしてから使用。
もちろんゴム手袋はめてね。 ビストロンなんて高くて使えません。

  • 感染が疑わしい株は廃棄する。

という訳で本来は感染の拡大を阻止する為に、こういった苗を処分すべきであるとは思うのですが、
神様的存在という事もありまだ処分できておりません。他の苗と隔離して管理しています。

結局そういう事もあって、蔓延が防げないのかもしれませんね...

それにしても、今回身をもってウイルスに体を蝕まれる辛さを感じただけあって、
ウイルス感染したサボテンもさぞ辛かろうと、可哀想に思えてくるのです。

いつか特効薬が出来ないものでしょうかね〜?


このブログを書いている時のBGM...


Weather Report - Boogie Woogie Waltz

今年咲いたサボテンの花を振り返ってみる(2017年4月編)

肌色、形、刺、花も楽しめるなんて...

花を鑑賞する目的で改良された「花サボテン」という品種があるのだけれど、
流石に花に特化しているだけあって、写真で見る花はとても美しい。(実物をまだ見た事がない)

だけれど花サボテンではなくともサボテンの花というのはそもそも、めちゃめちゃ綺麗である。興奮する美しさである。

ほら、綺麗でしょ!?

スマホで撮り溜めた写真を眺めながら、サボテンというものは実に楽しみが尽きないサービス精神旺盛な植物だなあと改めて関心してしまった。
オルテゴカクタス・マクドガリーのお菓子のような肌色を眺めて楽しむ、コリファンタ属やギムノカリキウム属のムチムチした形をスリスリして楽しむ、はたまた如何に良い強い刺を出すか試行錯誤する、
そしてどれも漏れなく花を咲かせてくれるのだから、楽しめる要素が実に多い!

これからサボテンを育てる方々に、是非サボテンの咲かせる「花」にも興味を持って欲しい。
そう思って今まで咲いたサボテンの写真を月別にまとめてみる事にしました。

4月 : April

マミラリア・景清(Mammillaria sempervivi)

入手した時点で刺落ちが激しく心配していたが、王冠のように咲いてくれた。
その後は元気を取り戻して順調に成長してくれた。もらわれていった事を思い出し少し寂しくなった。

エキノフォスロカクタス・縮玉(Echinofossulocactus zacatecasensis)

関西の刺物名人から譲り受けた苗。確か縮玉だったと思う。
本当は手元に置いておきたかったのだけれど、懇願された為譲った。
扁平で本当に良い個体だったと思う。ちょっと後悔している。

マミラリア・雲峰(Mammillaria longiflora)

漢字で書くとカッコイイが、名前の響きが少しバカっぽい「ウンポー」に惹かれて買った。
しかしやたらと引っかかる鈎刺が厄介なのと、特に見た目も面白くないと思い誰かに譲ろうかと思っていた矢先、
小さい体で枯れないか心配になるほど咲いてくれたのだった。プレッシャーを感じたのかもしれない。

健気な咲きぶりが気に入った為、今は同切りし群生株を作ろうとしている所。
鈎刺種は加湿に弱いと言われているが、田んぼ跡地に建てた湿度ムンムンの当ハウスの環境でも全く問題なく育っている。
水もジャブジャブやっていたし特に難しさを感じなかった。軽石が多い培養土で栽培している為だろうか?

ちなみに正確にはこの個体は(Mammillaria longiflora ssp. stampferi)だと思う。

一度で全部紹介するのは無理だあっ

如何でしょうか?何か感じていただけたなら幸いです。

4月から10月まで全部載せようと思っていたのですが、
思い出した事を書いていると結構なボリュームになるものですね。
自身の気づきになる事も多く書いてみて良かったなと思います。

これはこれで良いネタになるので、シリーズ化してお届けする事にします。
それでは今回はこの辺で失礼します。


このブログを書いている時のBGM...

山城愛仙園の秋期展示即売会にいってきました(2017)

今年は粗品がシャンプー!?

さて今日は何を売ってもらえないんやろー( ´艸`)
昨日はワクワクしながら久しぶりの愛仙園へ。

「ゴメン、それは置いといてほしいねん。なかなか増えへんのよー。」
と、断られるようなレアな物を探すのが毎回楽しみになって来つつある。

最初は持って行く度に売ってくれないので憤慨していたのだが、
よくよく何故売ってくれないのか話を掘り下げて聞くとめっちゃ勉強になる。

オヤジさんの知識量半端ないです。

それはさておき、入店していきなり目を引いたのがコレ。

コチラ粗品コーナー。え!?マジで!?なんでシャンプーなん!?

毎回恒例の招待のハガキを持って行き、3000円以上買うと粗品が貰えるという素敵なサービス。
前回は愛仙園の培養土をもらって帰ったし、その前はプレステラの深鉢を頂いた。

それなにの今回は何故シャンプーなのか?植物と全然関係ないやん...
近頃インテリアにサボテンを買うオシャレ男子が増えたって事で、オヤジさんの粋な計らいなのか!?
二色あるのは、リンスもあるのか?って事はリンスかシャンプーどちらかしかもらえないのか?

とか、頭の中で色々な考えがグルグル回るが先に買われてはならぬと苗を探しに→

出たっ、愛仙園あるある。 何度も同じところを回っている筈なのに、突然ヤバイ苗が出現するやつ。

きっと誰かが買うのを辞めたと思われる。
ボカサナ・フレッド かつ 綴化した個体(Mammillaria bocasana "FRED" f.cristata)

同じフレッドでも色々なタイプがあるようで、既に持っているフレッドとまた様子が違うので購入した。

フレッドは体が柔らかいからか、今年の夏場に突然腐り泣く泣くバラバラにして一部接ぎ木した。
群生させたいけれども蒸れやすくなるし、キモカワメンドクサイ奴で大好きです。

で、シャンプーらしきものの中身はというと

お会計後に一体このシャンプーらしきものはなんなのか聞いてみた。

「ここに貼ってありますよ」( ゚д゚)ハッ!

ってこれめっちゃ高いやーつ。以前から気になっていて、使ってみたかった資材。
シャンプーじゃなくて(´▽`) ホッ

下記動画は英語ですが、53秒あたりの発根の様子が面白いです。

市販の物は10Lに対して2.5mlの量で薄めて使うようなので、キリンウチワの水耕栽培に使ってみたいと思います。

しかし、このシャンプーボトルは既に薄まっていると思うのですが一体何倍に薄まっているんやろ。。。
この高っかいブツを、さすがに原液で詰めてくれている訳はないですよねー?

GH Rapid Start ラピッドスタート 275ml

GH Rapid Start ラピッドスタート 275ml

分からないのでチョイチョイ足してみる事にします笑
なんにせよ斬新な粗品と良苗を入手出来て今回も大満足でした。山城さんに感謝!


このブログを書いている時のBGM...


Tiësto & Ummet Ozcan - What You're Waiting For

キリンウチワ実生接ぎ × 水耕栽培 ってどうなん?

ビックリしました。

我ながら随分と長い間ブログを放ったらかしにしていたものだと驚いています。
続かなくなった理由は第一に、「ブログ書いてる暇があったら植物の世話をしたい」に尽きます。
ビニールハウスも無事?建設したものの、後先考えない性格のせいでトラブル続きで未だに環境が整いません。

暇があったらハウスに向かい整備したり植え替えしたり、
あっと言う間に変わる季節に敏感に反応する植物たちのお世話でヒィヒィ言いながら過ごしている次第です。

結局ハウス建設の顛末のブログも中途半端になってしまって、読んでくださっていた方には申し訳ないです。
Instagramを辞めたら、画像がブログと連携していた関係で全部画像が消えてしまったので、やる気を無くしたりもしていました。
ところがGoogleフォトと連携が出来るようになったので、またやってみる気になったのでした。

ブログのタイトルも変えました。
SABOTANICALって結構ヒネったつもりだったのですが、既に使われていたりしてつまらなくなったので今後は「ぁやしぃ植物がすき」でいきます。

と、言うわけでたまにしか更新する事はないと思いますが気まぐれに続けたいと思います。

さて、本題

ハウス建設後、気が付けばもう二度も夏を越しておりました。
その間にゴニョゴニョ実生やら接ぎ木をやってみたり、とにかく手当たり次第に手を付けて遊んでいた次第です。

その中でも特に感動したのが、キリンウチワに接ぎ木すると爆発的に成長する事。

ちょいとこの画像をご覧あれ。

去年の春ごろに、コリファンタ・象牙丸のカキ仔を接いだ苗です。
接ぎたての苗の写真が残っていない為比較ができませんが、直径5mm程度のカキ仔が一年でこのサイズになるわけです。

(※接ぎ木に関する諸先輩方の否定的なご意見がある事は重々承知の上で記事を書いておりますので、素人の遊びだと思ってお許しくださいませ。)

といっても一年中成長する訳ではなく気温の高い時期、春から夏にかけてのみ成長するようで、涼しくなったせいか当環境では途端に動きが鈍りました。

...ということは?

年中加温すればさらにデカくできる!?筈ですよね?

しかもこんな記事を読んだ事を思い出した。

supersabotentime.com

つまりキリンウチワは成長に十分な温度 + 常に水を供給 + 一日中LEDライトを当て続ける事でハンパない成長をするのではないか!?

という事でやってみましたジャーン↓

もともとキリンウチワを自宅でも増やすことが出来ないか?と思い発砲スチロールに穴をあけてベランダで放置水耕栽培していたキリンウチワがあった為、
既に発根している状態でイエナにセッティングした所からのスタートです。(そのベランダに放置していたキリンウチワは日照不足で徒長しまくりでした)

ちなみにイエナとはこういう物。最初から専用の液肥もセットで入っているし、デザインはAppleのTimeCapsuleを彷彿とさせるオシャレな水耕栽培キットです。

さてどうなることやら。また気が向いたら経過報告したいと思います。


このブログを書いている時のBGM...

線虫(センチュウ)対策とダイシストンの代用について

※ネットで調べた情報を元に記述したので、不確かな内容の可能性があります。  あくまで栽培の参考までに、お役に立てて頂ければと思います。


線虫の脅威

とある日にネットサーフィンしていた所、この記事に遭遇して驚愕した!

カクタス・ニシの業務日誌Vol.2 : ハオルチア緊急警告!! 至急殺虫・防虫をすべし!!

ダニやカイガラムシの被害に遭った事はあるが、
線虫なんて害虫がいる事は知らなかった。
体長1mm程度と、肉眼で確認がしづらいだけに、厄介そうである。


続きを読む